涙の尽きない国の物語

 

涙の尽きない国の物語は
この国の母親の涙
二十歳にもならない我が子が殺される

同じ民族 国民にして   同胞そのものなのに
簡単に路上で  草むらで  また家屋で
殺す

銃が容易手に入る国の悲劇か
単純故に人命の尊さが解らないのか
賛美歌を世界に発信するこの国の不可思議

私は生きる 1、2

 

私は生きる


大地に雹が降り イラクサは死なず
雪国の屋根のトタンはボロボロ 氷点下
台所に雪が積もっていた 私は生きる

幼少のとある日 火事が起きた
火事で亡くなった人を50年ぶりに お盆に忍ぶ 
その遺影は少年だった 私は生きる

理不尽と因習 あらゆる不幸な村 町共に寂れた
栗を拾い売り生計を立てた 終の棲家 今はなし
私は生きる

高校進学が珍しく また世間に罵られたと父の述懐を思い出す 
農家を継ぐ者がなく 
我が家に田と畑だけがとり残された 私は生きる

いいことは うれしいことは
夏稲穂が実り 8月のお盆の頃 秋風と蜻蛉が訪れる
縄文時代を思い出す 私は生きる

郷里の兄が究極の祖先を探す
嶺桃芳春 天明4年徳川家治・家斉の頃 235年前没す
私は生きる

キーツ イェイツ シェイクスピア
イギリス名詩選 読めど 980円の価値なし
古典に躊躇う 私は生きる

昭和万葉集を読んだ
昭和の万華鏡だった それは戦争の歴史だった
戦争に正しい答えなどない 私は生きる

親も死んだ 愛犬も亡くした
同級生にも死んだ人が出ている 本当なのか
信じられないがいつも私のそばにいる 私は生きる

父の兄弟は9人 一番末の弟が
フィリピンのラグナ湖の南  バナハウ山で戦死
五四三(ごしぞう)は享年24歳 私は生きる


神 仏の言葉教えを悪用する 

地上地球の最悪 猿の群れ
それでも 私は生きる

 

20世紀は映像の世紀という
明治以降の2度の世界大戦と他戦争による世界の死者
7,466万1000人の2倍と私は数えた 私は生きる

 

人 人類 部落市町村区郡県 国家共同体
神 仏の言葉教えを悪用する 地上地球の最悪 猿の群れ
それでも 私は生きる

アジア アフリカ ヨーロッパ 東南アジア 西アジア
中東 西南アジア アメリカ 北極 南アメリカ
住むに適した地はない それでも 私は生きる

大統領 首相 総書記 大佐 市町村長県知事 各種議員
みないらないね
私は生きる

 

神の過ち 仏の過ちと言えば気分を害する人がいる
しかし 過ちは正すためにのみある  
空手形に 勇気を持ってこう私は言う 私は生きる

 

イスラエルは地中海死海に沈むのか
イスラエルは人跡未踏の原野になるのか
私は知らない 私は生きる

 

この世は大きな嘘との戦いである
大きな嘘は真実 真実は巨大な嘘
摩訶不思議だが 私は生きる

 

敬虔な心情 信仰を乱すべきでない
何者 何物がこうつぶやいた
それもそうだと思う なにはともあれ 私は生きる

 

あるサイトに生きている限り書く               
そういう人がいた それはいいが
礼節がなければ獣にすぎず 私は生きる

 

恩ある人は20人を超えていた
その時々にした仕事を思い出す 恩返し 何一つ出来ず
悔いと積年の憂いあり そう言いつつ 私は生きる

 

 

            

綠の王国と そして白色の青 3

綠の王国と そして白色の青

この国の人々の落涙は 何か
超カトリッック王国
アジアの敬虔な国

ところが どうだ
不幸の連続

この国と 神は

昼寝をしている

この国は 怠惰の王国でもある

 

欠伸が倦怠を促し

努力は汗の粒となり 消える

人々が自由に考え 行動することはない

 

自由だが 不幸を背負う人々がいる

 

もうそんなに

もうそんなに

ときがはやいのか

自分のなにかがおそいのか

そうたいてきな 日々

 

 

緑の王国 そして白い色の青の空 2

緑の王国 そして白い色の青の空

此所には綠の空気が流れ

向こうの山から緑の日が昇る

人々は黙ったまま

綠の空気を吸い

綠の雨の中を歩く

時折 綠の言葉を話し

緑の衣服を着ている

緑の号泣と

緑の悲嘆

緑バランガイ 緑モニシパル

緑パレンケ 緑人 緑の王国

緑の王国 そして白い色の青の空 1

緑の王国 そして白い色の青の空

マンゴの木とバナナの葉がこの王国の主(あるじ)



朝明けの太陽がのぼる前から

もう暑いような空気が

周りを包む


空気に色がついていて

風も無いが 人の姿もない

これは媚薬にも似て

無臭の匂い

無感の感覚

忘我と言う自覚


このひとときに

ビッグバンの一瞬

1兆分の1秒の時間が天体世界を作る様に


唯一の神の光が遍く

正午にはギラギラした太陽

すべての地上を飲み込む


そして午後には 

西日が荒々しいブロック壁と

貧しいトタン屋根を照らす

バランガイの家には夕日が入る



今日の一日の終わりは

星のかかる満天の頃です

この世にそう語りかける



スーノッグ(火事)シャブ(麻薬)

クリメン(犯罪)バッハ(洪水)トラピコ(交通)渋滞


石川五右衛門の町

鼠小僧の村

八百屋お七のパレンケ

不幸の連鎖

汗と土1にまみれた落涙の綠 

毎日 見知らぬ人の号泣の青



それでもこの地の人々はこのように言うのです
 
ここは夢の国 王国です

へんちくりんな 人形を前に

へんちくりんな 人形を前に

この国では 礼拝を行う

キリストは愚かな人形よりおろか 虚ろ

マリアも劣らない 滑稽なる 無表情