もうそんなに

もうそんなに

ときがはやいのか

自分のなにかがおそいのか

そうたいてきな 日々